禁煙すると太る原因は?

禁煙すると太るということは一般的にいわれており、様々な研究でも証明されています。では禁煙で太る原因は何なのでしょうか。
まず、タバコに含まれるニコチンには、食欲を減退させる作用があります。ニコチンが脳の神経細胞に働きかけ、食欲を抑制する信号を多く発信させており、禁煙によりこの信号が少なくなるため、食欲が増進して太ってしまうのです。また、ニコチンには自律神経に働きかけて基礎代謝を高めるという作用もあります。禁煙によりニコチンの刺激がなくなり、基礎代謝が落ちることで太りやすくなります。次に、味覚が正常に戻るという原因があります。人間は舌の表面にある味蕾(みらい)というブツブツした突起物で味を感じ取っていますが、タバコを吸うとニコチンやタールが味蕾を刺激し麻痺させてしまいます。禁煙することで味覚が正常に戻り、食事が美味しく感じるため食べ過ぎてしまい、太る原因となるのです。さらに、胃腸の調子が良くなることも体重増加に拍車をかけます。ニコチンが身体から排出されることで消化器官がこれまで以上に活発になり、より多くの栄養を吸収するようになります。そのため、食べる量が同じでも、身体に取り込まれるカロリーが増えてしまい太ってしまいます。タバコを吸うことで潰していた時間も太る原因になります。禁煙していると口寂しくなり、ガムや飴といった間食が増えます。また、禁煙のストレスを食べることで解消しようとして、太ってしまう場合もあります。
このように、禁煙によって太る原因のほとんどは、食べ物が関係しています。体重が増えるためには、1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回っていなければなりません。太らないようにするには自分の1日の消費カロリーを把握し、それを上回るカロリーを摂取しないようにすればいいのです。

ページトップへ