禁煙治療に有効な結果をもたらす友愛会

日本は先進国の中でも、喫煙率が高い国の一つとなっています。しかし、喫煙という行為は健康の面で様々な弊害があり、今や多くの医療機関でも禁煙のための様々な取り組みが行われており、近年では禁煙治療に取り組む病院の診療外来が設立されているほどです。そしてそんな禁煙治療に取り組む団体機関の中に、日本喫煙友愛会があります。
この日本禁煙友愛会は、特定社団法人として1955年に長野で設立され、今年で活動50年という歴史ある禁煙治療のパイオニアとして知られています。この日本禁煙友愛会は、その禁煙のための有効な治療が高く評価されており、1999年の5月にはWHO(世界保健機関)から表彰も受けています。
この日本禁煙友愛会の主な活動は、禁煙に有効とされる喫煙相談や支援、禁煙スペースの拡大、禁煙作品コンクール、また各小中学校などへ出向いての禁煙のための講演などがあります。
そして友愛会が行う禁煙相談や支援の活動は、各エリアの保健所などで行われる健康診断などの日に合わせ、禁煙相談コーナーを設けるなどして、喫煙者に対して具体的で有効な禁煙の手立てなどを直接指導しています。
そしてこれ等の活動の中で、日本禁煙友愛会は様々な恩恵を社会にもたらしており、今や友愛会の禁煙を願うネットワークは日本全国に波及しています。
日本は前述のとおり、先進国の中でも喫煙の率が高い国であり、長きに渡り喫煙を行う人も少なくはありません。そして付き合いで喫煙をする人も多いことでしょう。しかし喫煙の習慣を止めるには、強い意志と周りの手助けが必要です。そして禁煙のための手助けを上手に得ることが出来ない場合などは、日本禁煙友愛会などの機関を使う方法が、とても有効であると言えます。

ページトップへ